マンスリー・平成24年12月2日・渋谷KU hanareにて

約1年ぶりとなるマンスリーは栗原健さんの漢字の部、準師範認定式と「千峰」という雅号披露で始まりました。
次に津森華鳳さん、市村彩華さん、伊藤智永さんの漢字の部、師範認定式、そのあとは安部蕉光さんの15年ほど前の作品披露、
そしてメインイベントは羽柴真希さんの作品披露と続きました。
その作品の見事な出来栄えに会場は一斉にどよめき、ため息が漏れるほどでした。
そして最後に中島瞻風先生の書道ライブが催されました。さすがの迫力に会場の全員が息をのみました。
森さんの「われらが師匠は本当に字がうまい」とは名言ですね。
恒例の一文字書きのお題は「遊」。今回は全員男性で一位は北辻凌雲さん、二位は國沢桜風さん、三位は栗原千峰さんでした。