マンスリー・平成29年4月16日・学芸大学スカーレットにて

まず、認定式が行われました。仮名部準師範は、伊藤智永さん、漢字部師範は、羽柴如水さんと越智虹月さんです。
中島先生の揮毫された雅号がまばゆい光を放っておりました。
そして作品披露はまず米澤力也さんの「般若心経」です。仏師らしい細やかな感性の中にきらりと光る強さのある作品でした。
三種の紙と墨のバリエーションも面白く美しい仕上がりにうっとりしました。
そして次に府榮野貴久さん。一つ目は「愛浄」。青墨のあまりの美しさに息を呑みました。
浄さんの病院に飾るそうです。フエピー、キヨピーの愛情にも当てられてしまいましたね。
二つ目は「金銀財宝」です。冗談から出た作品でしたが、素晴らしい出来上がりで、飾ってると本当にご利益がありそうでした。
また恒例の一文字書きのお題は「桜」。今回は全体のレベルも高く見ごたえがありました。
一位はさすがの宮澤光華さん、二位は見事「ヘアメイクサクラ」の國澤桜風さん、三位はやっぱり大石白鵝さんでした。

後で先生から賞品が出るそうです。次回は何でしょう。楽しみですね。